企業ユニフォームを選ぶ際に、デザインやポケットなどの機能に加えてどんな生地を選べば良いのかも重要なポイントになってきます。

綿100%、ポリエステル100%、ポリエステル65%/綿35%など様々な種類がありますが、どれを選ぶべきか悩むはすです。

今回は、企業ユニフォームに多く使われている綿とポリエステルの特徴について解説します。

綿の特徴

綿は綿花から取れる天然繊維です。植物なので水分を吸収し保持する力に優れています。つまり綿で作った生地は、汗や湿気を吸いやすい代わりに乾きにくいといった特徴があります。

 

綿素材のメリット

・やわらかい着心地で肌触りが良い

・汗や湿気を良く吸う

・水分を保持するので静電気がたまりにくい

・火や熱に強い

 

綿素材のデメリット

・水分を含むと乾きにくい

・洗濯時に縮みや型崩れ、色落ちしやすい

・シワになりやすい

 

大量の汗をかくとベタベタ濡れた感じが続くので、室内のあまり汗をかかない業種や火を使うコックさんや溶接工の方などに向いています。ただし、企業ユニフォームは着用頻度が高く洗濯回数も多いため、シワや色落ち・型崩れの問題がある綿100%の生地はあまりオススメではありません。

 

ポリエステルの特徴

ポリエステルは石油を原料として作られる、化学繊維です。油が原料のため水や湿気を吸いませんが、そのぶん速乾性に優れた丈夫な生地になります。

 

ポリエステル素材のメリット

・速乾性に優れ、乾きやすい

・洗濯時に色落ちや型崩れが少ない

・シワになりにくく、破れにくい

・薬品や虫害に強い

 

 

ポリエステル素材のデメリット

・冷たく硬い着用感で着心地が良くない

・静電気がたまりやすい

・毛玉ができやすい

・火に弱く、溶けて穴が開きやすい

 

耐久性も高く、洗濯にも強いポリエステルは、ユニフォーム用途としては最適です。問題は汗を吸わないことですが、ポリエステルは人工的に作られている繊維なので、断面を色々な形に変えたり、特殊な材料を混ぜ込むことでデメリットを抑えたポリエステルを作ることも可能です。

こうすることで肌触り良く汗を吸いやすいポリエステルも作ることが可能になり、さらに生地にするときに生地全体で汗を吸うような織り方、編み方にすることで、より汗を良く吸って乾きやすい生地にすることができます。

 

混紡って何?

複数の繊維を混ぜて紡いだ糸のことを混紡糸と呼びます。前述のように繊維にはそれぞれメリット・デメリットがあります。これを混ぜ合わせてお互いのデメリットを補完する目的で作られるのが混紡糸です。ポリエステルと綿を混ぜ合わせることで、汗を吸って肌触りの良い、丈夫な生地を作ろうということです。

 

とはいえ、綿50%・ポリエステル50%の混紡糸では、メリットもデメリットも半分、全て平均点というような生地になりがちです。それぞれの繊維の割合が様々な生地があるので、どのポイントに重きを置くかで最適な割合を探してみましょう。

 

企業ユニフォーム用途では、ポリエステル65%/綿35%の割合の生地が非常に多く使われます。バランスの良いスタンダードな生地ではありますが、近年では特殊な機能的を持ったポリエステル割合の多い生地も増えています。

ユニフォーム選びの際には、どんな生地が使われているかも気にしてはいかがでしょうか。