自分で釦を縫い付けるのは難しいと思っていませんか?やり方さえ覚えれば、誰でも簡単に縫い付ける事が出来ます。ここではユニフォームにもよく使用されている四つ穴釦の、“誰でも簡単に出来る”縫い付け方をご紹介します。

 

釦付け手順① 針に糸を通す

針に糸を通し、糸の端と端を玉結びにし二本取りにします。二本取りにすると、一本取りで付けるよりも頑丈かつ、素早く仕上がるので効率的です。

 

釦付け手順② 釦に糸を結び付ける

釦の裏から針を通し、糸の輪っかの中をくぐらせ釦に糸を結び付けます。このとき、玉結びが表面に飛び出ないように注意しましょう。

 

このように、先に釦に糸を結び付ける事によって表側から釦を縫い付け始める為、釦を付けたい位置を定めやすいです。

 

釦付け手順③ 釦を縫い付ける

針を表側から布に通し、裏側へ引っ張ります。

 

裏側から釦の穴に糸を通し、隣の釦穴から裏側に返します。このときに釦と布の間に親指を挟み、糸足を作る為の空間を作ります。そのまま親指を挟んだ状態で、この作業を3~4回繰り返します。

 

釦付け手順④ 糸足を作り、釦を固定させる

四つ穴全てに糸が3~4回通ったら、一度裏側から釦と布の間に針を通します。先ほど作った空間に糸をきつく3~5回巻きつけ、糸足を作ります。

 

 

巻きつけた後、糸足の根本でわっかを作り、糸を引き締めます。

 

釦付け手順⑤ 仕上げ

糸足の根元に針を沿わせて、玉止めをします。

 

玉止めを糸足の中に隠す為に、糸足に針を通し、きつく糸を締めてから糸を切ります。

 

釦付け手順⑥ 完成

いかがでしたか?やり方さえ覚えれば、誰でも簡単に釦を縫い付ける事が出来ます。着用しているユニフォームに、取れかけの釦はありませんか?ぜひこのやり方で釦の付け直しをしてみてください。