2016年12月に新しくなった洗濯絵表示。

まだ慣れてない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

洗濯回数の多いユニフォームを長持ちさせるためにも、正しい方法で、洗濯をすることが大切です。今回は、洗濯絵表示を正しく理解するために、以前と比べどう変わったのか、ご紹介いたします。

 

 

 

新しい洗濯絵表示の長所

以前の洗濯絵表示は日本だけで使用されていたもので、海外のものとは異なっていました。新しい洗濯絵表示は、海外と同じものになっています。洗濯絵表示が統一されたことで、洋服のお手入れ方法がわかりやすく、また日本に住む海外の方にも優しいですね。新しい洗濯絵表示は【5つの基本記号】と【温度や強さなどを表す記号】【数字】(付加記号)で表されます。

 

【5つの基本記号】

洗濯は「洗濯桶」、漂白は「三角」、乾燥は「四角」、アイロンは「アイロン」、クリーニングは「丸」で表示されます。

【温度や強さなどを表す記号】(付加記号)

 

線「-」は強さを表し、点「・」はアイロンの温度を表しています。 線は多い方が弱い、点は多い方が高い、ということになります。

 

 

新旧・洗濯絵表示の比較

では、洗濯絵表示がどのように新しくなったか見比べてみましょう!旧・洗濯絵表示は強弱や漂白の種類等が日本語で表されていましたが、新・洗濯絵表示は、絵と数字のみで表す形になっています。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

慣れるまでは少し分かりずらいかもしれませんが、服を綺麗に長持ちさせるためにも、マスターしていきましょう!

詳しい表示内容については消費者庁のHPに掲載されています。