色のイメージは人に与える印象だけでなく、自分自身の気持ちにも影響を及ぼすといわれています。色にはそれぞれ特長と心理効果があり、その個性を介護の現場に取り入れることで、相手の心への働きかけとして使うこともできます。また、色は視覚だけでなく素肌からも感じられ、目をつぶっていても色に反応して筋肉が緊張したり、弛緩するといわれています。

ここでは、その色がもつ不思議な力とその効果をご紹介していきます。色の力をユニフォーム選びのヒントにぜひ役立てください。

幸せな気分にするピンク

人をもっとも幸せな気持ちにしてくれる色、それがピンクです。

ピンクは、日本人にとって歴史的にもなじみの深い「桜の花」を連想させます。また、やさしい温もりや夢、深い愛情をイメージさせ、人の心にやさしさを呼び起こしてくれる色です。心理面では美しく若々しくありたいという気分を高め、また肉体的にも身体の緊張を和らげるように作用します。視覚からの刺激によって、女性ホルモンの分泌が促されるともいわれており、だからこそやさしい気持ちや美しさが引き出されるのでしょう。着る服にピンクを取り入れることで、肌を若々しく見せる効果があるのも、見逃せないポイントです。

介護の現場では、スタッフの方を元気で若々しい気分とルックスにしてくれ、ご利用者さまをやさしさや愛情で満たしてくれる、そんなピンクはまさにぴったりの色といえます。ピンクを介護施設の内装や備品、またスタッフの方のユニフォームに取り入れることで、安心感や幸福感を与えることができます。

信頼関係を高めるブルー

ブルーは空の色、海の色、いつも私たちが身近に感じているカラーです。ブルーは、自然界の空や海などのイメージと結びつくので、空や海が静かにそこにあるように感じ、静寂や冷静などのイメージが浮かんできます。

サックスや空色のような明るい青は穏やかで平和なイメージになります。深い青とは少し違った優しさが加わり心地よさや安らぎを感じさせます。青空がきれいな天気のいい日に散歩に行くのは、体だけでなく心にもいいといえます。一方で、ネイビーのような深い青からは秩序や責任感などのイメージが連想されます。

ブルーを介護現場のスタッフの方のユニフォームに取り入れることも、効果的です。サックスのような明るい青を取り入れると、清潔感のある爽やかな印象を与え、ネイビーのような深い青を取り入れると、知性的で誠実、信頼をイメージさせることができます。ブルーはきちんとした印象をつくるので、打ち合わせや初対面の方にも好印象を与える効果があります。

リラックス効果のあるオレンジ

オレンジという色からは、みかんや柿、にんじんなど、果物や野菜の色がすぐに連想されます。赤と黄色をブレンドした色ですから、赤のエネルギッシュさ、黄色の軽快さをともに印象付けることができ、あたたかく楽しいイメージを周囲に与えることができます。また、家庭的で親しみやすい印象もあるので、親切であたたかみのあるイメージ表現も可能です。

また私たちの健康に欠かせないビタミンは、柑橘類に多く含まれているので、オレンジ色は別名「ビタミンカラー」とも呼ばれています。ビタミンBやβカロチンの色素もオレンジ色。つまりオレンジは、身体を元気にしてくれる栄養素の色でもあるのです。

リラックス効果のあるオレンジを、介護現場のスタッフの方のユニフォームに取り入れることで、親しみやすく、会話も楽しく弾ませてくれます。ご利用者さまに、頼もしく、気軽に声をかけやすい印象を持ってもらうには、オレンジを取り入れることが効果的です。

まとめ

今回はピンク、ブルー、オレンジが持つイメージについてご紹介しました。

施設をどういったイメージにしたいのか、ご利用者さまにどういった印象を与えたいのか・・・ユニフォームを選ぶ際には、デザインだけでなく色の効果もぜひ取り入れてみてください。