「第一印象は色で決まる」といわれるほど、色がもたらす心理的効果は高いとされています。
ユニフォームの色や柄が他人に与える印象を左右するのなら、介護の場でも、ぜひともその力を味方に付けたいもの。
まわりの人をより心地よくもてなすことができる色を、おすすめの柄も交えながらご紹介します。

 

 

オレンジ・ブラウンのイメージ

 

 

 

 

 

 

ベージュ・花柄のイメージ

 

 

 

 

 

 

グリーン・ラベンダーのイメージ

 

 

 

 

 

 

ネイビーブルー・グレーのイメージ

 

 

 

 

 

 

 

ブルー・ギンガムチェックのイメージ

 

 

 

 

 

 

 

ピンク・ストライプのイメージ

 

 

 

いかがでしたか?

 

ユニフォームの色を選ぶ際には、「どういった印象を与えたいか」にも注目して選んでみて下さい。

色にはそれぞれ特徴と心理効果があり、その個性を活用することは介護の場においても有効といえるでしょう。

色を味方にして、おもてなしの心を伝えてみませんか?

 

 

▼PROFeelingの電子カタログはこちらから