桜も新緑に変わり、過ごしやすい気候が続いています。
岡山は昨日から雨が降っており、暖かい日が続いていましたが今日は少し肌寒く感じます。
来週21日はいよいよ金環日食ですね。天気が良くなることを祈るばかりです。
さて、ギャラリープロジェクトですが4月の応募作品も力作の勢ぞろいです★

ご利用者さま個人部門

埼玉県 北澤志げ子様
施設名:介護保健施設かわぐちナーシングホーム様
作品名:「折り紙手芸による”くじゃく”」
応募ジャンル:手工芸品部門

1300枚近くの折り紙から作られた見事な”くじゃく”。
北澤様はあえて難易度の高い作品を選ばれ果敢に取り組まれたそうです。
数多くの折り紙を折ることと、羽のカラフルな色合わせに苦労したけれど、
仕上がりがとてもキレイで大迫力だったことにビックリされたとのこと。
作品を持って撮られた写真を見てもその大きさに驚きます!

ご利用者さま団体部門

北海道 仁木長寿園 利用者一同様
施設名:特別養護老人ホーム 仁木長寿園様
作品名:「One Mountain Carnival」
応募ジャンル:絵部門

仁木長寿園の50名のご利用者様が”お金を使わず楽しめる芸術作品”を探し、
北海道の富士山、通称「蝦夷富士」と呼ばれる、羊蹄山をモチーフに作られた貼り絵作品。
施設内行事のもみじドライブに参加した方が、紅葉がかった山々の姿をみて
「参加できなかった方々にも是非見ていただきたい!」
という思いから作品作りに繋がったそうです。
羊蹄山に使用している紙玉は牛乳パックを利用し、紅葉は園庭の紅葉と枯れ枝で。
綺麗な夕焼け空はお気に入りの色をカラープリントして、ちぎり絵に。
身のまわりにあるものを利用した、素敵な作品をいただきました!

施設職員さま部門

広島県 森近幸子様
施設名:特別養護老人ホーム 悠芳苑様
作品名:「サンプラーキルト」
応募ジャンル:手工芸品部門

さまざまなパターンを一つにまとめた、「サンプラーキルト」といわれるパッチワークキルト作品。
配色、布の選定からされたとのことで最初はとても苦労をされたそうですが、
”一針一針縫っていくうちに楽しみに変わり、出来上がったときには喜びと感動でいっぱいでした。”
と素敵なエピソードもいただきました!
一つ一つパターンが違うので、見ていて楽しくもなり、また見事な大作にこちらも感動しました。