ユニフォームを選ぶ際に、「カジュアルウェアで代用できるのでは?」 と

考えたことがある方も多いのではないでしょうか。

 

ユニフォームは、毎日のように長時間にわたって着用する衣服です。

本当にユニフォームをカジュアルウェアで代用したとしたら、

すぐに傷んで使い物にならなくなってしまうでしょう。

 

ユニフォームとカジュアルウェアでは、そもそもの求められる機能が違うのです。

 

耐久性に格差あり

 

ユニフォームは、「毎日のように長時間にわたって着用する衣服」。

激しく動いても摩耗しにくく、繰り返し洗濯しても毛玉だらけになったり、

伸びたりしない強い生地でなければ意味がありません。

 

そのため、ユニフォーム用として作られたアイテムには、

一見、普通のカジュアルウェアに見えても

耐久性と風合いを兼ね備えたハイテク素材が使われています。

機能性の面で、カジュアルウェアとは明らかな差があるのです。

 

また、カジュアルウェアは1シーズンで販売を終えることが多く、

継続的に同じアイテムを買い続けることができません。

ユニフォームとして代用するのは、難しいといえるでしょう。

 

ユニフォームの機能の例

 

  • 吸汗速乾 = 汗を吸ってすばやく乾くから、長時間の着用でも快適。
  • 透け防止 = 下に着ているものが透けにくいから、1枚で着用可能。
  • 抗ピル = 摩擦に強く毛玉を防ぐから、見た目も綺麗。
  • 防汚 = 汚れにくく、汚れても落ちやすいからお手入れ簡単。
  • 通気 = 空気をよく通すから、爽やかに着用可能。
  • ストレッチ = 伸縮性に優れているから、つっぱり感を軽減。

 

ユニフォーム用として作られたアイテムには

このほかにも、さまざまな機能を持ち合わせたアイテムがたくさんあります。

 

「カジュアルウェアで代用できるのでは?」 と考えられている方は

いま一度、ユニフォーム用として作られたアイテムを視野に入れてみてください。

 

着用すれば、きっとその違いに気が付くことでしょう。