梅雨に入り、じめじめと蒸し暑い日が続いていますね。

そんな蒸し暑さも吹き飛ばすギャラリープロジェクトノミネート作品の発表です。
ついに先月末で第10回あたたかいごギャラリープロジェクトの
ご募集も締め切らせていただきました。
5月度はなんと50作品以上のご応募がありました!
皆さまありがとうございました。

5月度の優秀作品は・・・こちら↓↓

ご利用者さま個人部門

奈良県 手作りの会 会員様
施設名:介護老人保健施設 ももたろう様
作品名:「キャラクターもの」「祝いもの」
応募ジャンル:手工芸部門

他にもかわいいキャラクターや鶴など数点ご応募いただきました。
人気キャラクターの作品はお孫さんが取り合いになるほど好評だったそう。
体の痛みや悩みがあっても、
作品を作っているときは穏やかに楽しく過ごされているそうです。
丁寧で立体的な作品からは温かさが伝わってきますね!

ご利用者さま団体部門

島根県 ケアセンター喜南 様
施設名:介護老人保健施設 ケアセンター喜南様
作品名:「成長願いと母への感謝」
応募ジャンル:手工芸部門

5月をテーマに作成されたタテ約1.5m×ヨコ約2mの大きな作品です。
悠々と泳いでいる鯉のぼりは、利用者様がそれぞれ色付けされていて、個性的です。
鯉のぼりが泳いでいる下には、母の日のカーネーションを彩り、
作品を華やかにしています。
色鮮やかで生き生きとした素敵な作品ですね!

施設職員さま部門

埼玉県 神山 俊宏様
施設名:介護老人保健施設 ケアリングよしかわ様
作品名:「我輩は猫である」
応募ジャンル:手工芸品部門

利用者様から「猫を飼いたいけど、お世話できないから厳しいのよね・・・」
という一言から制作に取り掛かられた作品。
本物の猫に見え今にも動き出しそうで、感嘆しました!
色は一切塗らずに、それぞれに合った段ボールを探して作られたそうです。
利用者様も大喜びだそうで、施設の人気者になりそうですね。

 

あたたかいご第10回ギャラリープロジェクトも
たくさんのご応募を頂き、感謝と感動でいっぱいです。
ご応募くださったご利用者の皆様、職員の皆様に
この場をかりて、心より御礼申し上げます。
ありがとうございました!

今回の優秀作品の中から、ついに大賞が選ばれます。
発表は来月7月末発刊予定の「あたたかいご」最新号にて!
お楽しみに!