朝夕は肌寒くなって、もうすっかり秋ですね。
まだ岡山では紅葉は見られないのですが、
紅葉シーズンが待ち遠しい限りです。

皆さま毎日の寒暖の差が大きいので、
体調を崩されないよう気をつけてくださいね。

それでは早速ですが、
あたたかいご第11回ギャラリープロジェクト9月度のノミネート作品を発表します!

ご利用者さま団体部門

北海道 デイ・スケ 様
施設名:介護老人保健施設 愛泉苑 様
作品名:「サザエさんとみんな!!」
応募ジャンル:手工芸品部門

ご利用者さまがサザエさんファミリーといっしょにお月見をしている
なんとも微笑ましい作品です。
花紙をまるめて作ったサザエさんやお月様は根気が入り苦労されたそうですが、
利用者さまと職員さまが力を合わせ完成した素敵な作品。
サザエさんたちの賑やかな声が聞こえてきそうで、
見ていると楽しい気持ちになれますね!

ご利用者さま個人部門

広島県 小迫 恒子 様
施設名: 介護老人保健施設 呉中央コスモス園 様
作品名:「トンボ」(仮)
応募ジャンル:手工芸品部門

一針一針丁寧に作られた刺し子です。
脳出血により右片麻痺となられ、左手のみで糸通しから玉止めまで
全ての作業をされたそうです。
糸がもつれると時間をかけて直し、いろいろ苦労をされながら完成した作品。
娘さんお手製の刺繍用台を利用し、時間をかけて作られた作品は愛情がこもっていて、
とてもやさしい気持ちにしてくれますね。

施設職員さま部門

宮崎県 介護付有料老人ホーム リバティ宮崎 様
施設名:介護付有料老人ホーム リバティ宮崎 様
作品名:「リバティ會 神輿」
応募ジャンル:手工芸品部門

段ボールやラップの芯で作られているお神輿ですが、とても豪華な作品です。
装飾の鳳凰や鳥居等は担当職員さまが仕事の合間に作成され、時間を要したそう。
段ボールは近所の店舗が協力してくれ、
お祭りでは近所の子どもたちが担いでくれたそうで、
地域のあたたかいきずなを感じました。
盛り上がっているお祭りの様子が目に浮かんできますね!

 

9月もたくさんのご応募を頂き、
どれもこれも素敵な作品で選定に悩みました。
今月も引き続き皆さまからの作品を審査員一同楽しみにお待ちしています!