企業ユニフォーム採用は一般の服とは違い、様々な視点からの効果を検討し選んでいく必要があります。
今回は、「着用者」「企業」「社会」の3つ視点から企業ユニフォームの効果について解説します。

「着用者」へのユニフォームの力

着ている人が「心地よい」と感じられるユニフォームは働く意欲を高めてくれます。

またメッセージ性がきちんと伝わるユニフォームを着ることで、仕事もに対する使命感ややりがい、誇りが高まります。

また企業や組織への帰属意識が高まる効果もあります。

仕事の内容や作業にマッチした動きやすさや安全性、快適性などを考えることはもちろん、社員が着たいと思うようなデザインやカラーにも気を配りましょう。

「企業」へのユニフォームの力

ユニフォームを着て、いきいきと働く人の姿は、企業が社会に与えるイメージそのものです。

企業は、ユニフォームを通じて自社の存在意義とビジョンと事業内容を社会に伝えることができます。

またユニフォームを着ることは組織としての連帯を高め、組織をより強固にする働きもあります。

もちろん、機能性を高めることで生産性を高めることも可能です。

会社の周年行事や社長交代、方針転換期など会社の節目にユニフォームを変更することは非常に有効です。社員はもちろん社会に対しても新しい企業姿勢や会社の思いを周知することができます。

会社として何を発信し、どう見られたいかを考えましょう。

「社会」へのユニフォームの力

商品やサービスを提供する企業が、それぞれビジョンに応じたユニフォームを採用することで、消費者は社会の中でその価値を判断することができるようになります。また、いきいきと働く人が増えることは社会を活性化することにつながるでしょう。

環境や安全などの配慮が進めば、安心して暮らせる社会づくりに与えるよい影響も期待できます。

ユニフォームは集団で着用した際に、周りに威圧感や不快感を与えないデザイン、カラーを検討しましょう。

また近年では、セキュリティ面での問題も話題になってるので、役割がきちんと伝わるかどうかに加えユニフォームの管理についての対策も必要です。