汚れは時間がたつほど取れにくくなるもの。でも、間違った方法でこすると、かえって汚れを広げてしまいます。

ここでは、汚れの種類に合わせた応急処置をご紹介します。

※デリケートな素材にはご注意ください。

基本的な落とし方

基本的な落とし方は同じ。

裏側に適当な布を当て、表側からそれぞれに合った薬剤を含ませた布で、汚れた部分をたたくようにポンポンと。

あとは洗剤の付いた部分をもみ洗いし、すすげば完了です。

汚れの種類別落とし方

1.食べ物系の汚れ

食器についた食べ物の汚れを落とすように、中性洗剤がよく落ちます。

2.ボールペン

消毒用エタノールと台所用洗剤を混ぜたものを布に含ませ、汚れた部分をポンポンと。

3.口紅やファンデーション

メイクを落とす時と同様に、クレンジング剤が大活躍。

4.泥

慌てて濡らすと逆効果です。完全に乾いてから軽く揉んではたいて、できるだけ物理的に砂をとり除いてから洗濯を。

 

ユニフォームはもちろん、普段着が汚れた際にも、汚れの種類に合わせた落とし方をぜひ試してみてくださいね。