毎日身に付けるユニフォームは、きれいなまま長持ちさせたいもの。

洗濯などの取り扱いに注意すれば、より長くきれいなまま着用していただけます。

ここでは洗い方のポイントについてご紹介します。

漂白剤入り洗剤に注意

最近は漂白剤入りの洗剤が多くなってきました。漂白剤じゃないから大丈夫と安心していると、色落ちしてしまうことも。

漂白剤入りの洗剤でも、色物を洗うと色落ちすることがあるので、洗剤の成分には注意しましょう。

洗剤の量に注意

洗濯物の量や水の量に応じて、洗剤の量を調節しましょう。

汚れがよく落ちると思って、洗剤の量を多くしすぎると、すすいでも洗剤が残り、繊維を傷め、生地に穴ができたり裂けやすくなり、皮膚炎の原因にもなります。

すすぎ前に脱水

すすぎ前に脱水すると、効率よくすすぎができ、水の節約にもなります。

溜め水すすぎの場合は、約2~3分で5回、流しすすぎの場合は5~6分ほど行いましょう。効果的に洗うことができますよ。

脱水は短時間で

絞りすぎるとシワが直りにくく、ユニフォームにダメージを与えてしまいます。薄地なら20秒~1分程度で十分。

また、濡れたまま放置すると、色移りの原因になるため、脱水後はすぐ干しましょう。

 

 

きれいなまま長く着用するために、洗剤の成分と分量にも注意してくださいね。

次回は乾燥についてのポイントをご紹介します。