梅雨に入り、じめじめと蒸し暑い日が続いていますね。
今年は雨が少ないようで、水不足が心配されていますね。

それでは早速ですが、
そんな蒸し暑さも吹き飛ばすギャラリープロジェクトノミネート作品の発表です!

ご利用者さま個人部門

大分県 綾垣 善通様
施設名:介護老人保健施設 六和会 センテナリアン様
作品名:「わらじ」
応募ジャンル:手工芸部門

自宅からわらをもってきてもらい、たたいて柔らかくし、少しずつ丁寧に編まれた作品。
二足目はわらではなく、なんとビニールひもで編まれているそう。
ビニールひもでもわらじが編めるなんてびっくりですね。
しっかりとした強度にするために編み込みを細かくし、工夫をこらされていて、まるで職人さんのよう。
履き心地もバッチリなわらじは、温かみがあり風情を感じる作品です。

ご利用者さま団体部門

福岡県 ペンネーム サングレース様
施設名:介護老人保健施設 サングレース様
作品名:「田植え」
応募ジャンル:手工芸品部門

 田植えのシーズンということで、デイケアご利用者さま5名と1か月半かけて貼り絵を作成。
水面の色を変えたり、稲はこよりを3本束ねて立体的にしたり、
さまざまな工夫をこらし、田植えのシーンを表現しています。
色を変えた水面は陰影が付き、田植えをしている人たちが動き出しそうですね。
私の地元もこういった風景が広がっているので親近感がわき、ほんわかのどかな気持ちになりました。

施設職員さま部門

神奈川県 中村 玲子様
施設名:介護老人保健施設 相模大野様
作品名:「あじさい」
応募ジャンル:手工芸品部門

 最近趣味として、切り絵をはじめられた中村さま。
季節の花であるあじさいを切り、色紙に貼って仕上られています。
立体感のある一つ一つの花が見事ですね。
今年小学校に入学した娘さんの下校風景を思い詠まれた一句も添えられていて、
スタッフとしてだけでなく、お母さんとしての優しさが伝わってくる作品ですね!

 

5月でとうとう「あたたかいご第12回ギャラリープロジェクト」も締め切りました。

一体どなたが大賞に輝くのか・・・

発表は7月末発刊予定の「あたたかいご vol.12」で。皆さまお楽しみに!