ユニフォームのご購入時に「採寸」はつきものです。

 

その「採寸」について、正しい位置と方法をご説明させて頂きます。

 

 

今回は「実寸編」です。

実寸とは・・・服を来ていない状態で体を測ったときの寸法

 

採寸の位置

まずは正しい採寸位置を確認しましょう。

 

採寸方法

 

上の図を見ながら、正しい採寸方法を確認しましょう。

採寸中は背筋を伸ばし、肩の力を抜いた状態を保つのがポイントです!

 

1.肩巾
左の肩先から第七頸椎を通り、

右も肩先までをまでを測ります。

(第七頸椎は、首を前に倒すと現れる骨です)

 

2.バスト
上半身のもっとも大きいところ、

女性の場合は乳頭点を通るように、

水平に一回り測ります。

 

3.着丈
第七頚椎からウエストラインを通って

好みの長さの位置まで測ります。

 

4.裄丈と袖丈 ゆき
「裄丈」は、第七頚椎から肩先、

肘点を通り、好みの長さまで測ります。

「袖丈」は、肩先から肘点を通り、

好みの長さまで測ります。

 

5.ネック
首まわりを一回り測ります。

 

6.ウエスト
現在着用しているベルトの位置を目安に、

胴部の一番細いところを測ります。

 

7.股下
股からくるぶしまでが「股下」となっています。

 

8.ヒップ
腰の一番大きいところを水平に一回り測ります。

 

 

 

 

 

正しい採寸方法と手順をマスターして、ユニフォームを

美しく着こなしましょう!