ユニフォームが職場環境を向上させる手段になることをご存知でしたか?職場にユニフォームがあると、従業員にはさまざまなメリットがあります。ユニフォームを導入して、従業員満足度UPにつなげましょう。

 

福利厚生になるから満足度UP

実は、ユニフォームは福利厚生の意義を持っています。

 

まず、わざわざ仕事用の服を買わなくていいので経済的です。出勤前に服装を考える手間もかかりません。さらに、オンとオフを切り替えやすく、通勤中のおしゃれも楽しめます。求人広告に「制服支給」「制服貸与」の文字が欠かせないのも、それが確実に福利厚生意義を持っているからといえるでしょう。

 

危険から身を守って満足度UP

危険がともなう特殊な職場環境での業務の場合、安全性の高いユニフォームを支給すれば、従業員をより確実に危険から守ることが出来ます。たとえば、大きな車両が行き交う現場で作業をする場合、遠くからでも従業員の存在を認知出来るよう「高視認性安全服」を着用したり、反射材加工が施されたユニフォームを着用することも例にあげられます。

 

このように危機管理に対する真摯な企業姿勢を従業員に伝えるためにも役に立つでしょう。

 

快適に過ごせて満足度UP

近年では、環境意識の高まりとともにオフィスウェアの軽装化が進んでいますが、ユニフォームに温度調整しやすい工夫を取り入れれば理想的なクールビズを実現させることも可能です。たとえば、一見普通のシャツに見えても、実は汗をよく吸って涼感のある生地を使ったユニフォームだったりと、ユニフォームは職場環境を向上させる手段にもなるのです。

 

また、アイテム次第では、温度調整のためにかけていたコストを削減出来る可能性もあるといえるでしょう。

 

 

 

このように従業員満足を高めるために、ユニフォームにはまだまだ活用の余地があるといえるのではないでしょうか。ユニフォームを導入する際は、従業員(着用者)の目線で考えてみるのも、ひとつのポイントになりますよ。